犬ごはん 猫ごはん

犬や猫のための手作りごはん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

ウサギのためのTタッチ

3月16・17日、横浜で開催されたラビット・アソシエイツの2days seminorにアシスタントとして参加してきました。

ウサギに接するのは私にとって初めて。生態についても ほとんど知らないと同然で、アシスタントなんか務まるのか??? と不安に思いながらの参加でした。

可愛らしい姿とは裏腹に、けっこう激しい感情表現をすることにビックリ
そして、実は抱き上げられることが かなりなストレスである、ということにも・・・
被捕食動物にとっては、身体が地面から離れることは「生命の危機」と同然なのだそう。
犬や猫の被毛よりも ずっと柔らかく柔軟で、被毛の可動域の広さにも驚き。

ちょっと飼育してみたい気持ちになったものの、これまたビックリの「骨折疾患」の多さや 「斜頸」という特有の病気のことも知り、初心者には難しい小動物と判断して断念。

犬のためのTタッチのセミナーに参加される飼い主さんとは、参加目的も 空気感もまったく違い、そのこと自体を新鮮に感じたし、自分と動物の接し方について振り返るキッカケにもなりました。

IMG_4012_convert_20130324221726.jpg
ウチらは可愛い、それが何か?
IMG_4011_convert_20130324221818.jpg


スポンサーサイト

別窓 | Tタッチ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<「愛犬と楽しむハーブセミナー」開催します | 犬ごはん 猫ごはん | 老齢によるオシッコの失敗に・・・>>

この記事のコメント:

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:

∧top | under∨
| 犬ごはん 猫ごはん |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。