犬ごはん 猫ごはん

犬や猫のための手作りごはん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

本村先生セミナー「What vets don't tell you about vaccines」

7月29日、品川で開催された本村先生のセミナーを受講してきました。
今回のテーマは「ワクチン接種」。
G.レトリバーの愛犬家の女性が、歴代の6頭がいずれも、てんかん・白血病・甲状腺機能低下症・アレルギー・自己免疫疾患などになり、直接的な発症の要因の1つとして考えられる「ワクチン接種」について綿密に調査した結果を著書にした、
「What Vets don't tell you about vaccines」 ~なぜ獣医はワクチンについてきちんと説明しないの~
「Shock to the system」 ~ワクチンが身体のシステムに与える悪影響~
の2冊にフォーカスした、書籍セミナーの第二弾です。

私個人は、ワクチン接種は「100害あって1利あるもの」と考えています。出来うる限り、接種回数は減らしたく、また接種間隔はあけたい。しかし、「狂犬病ワクチン」については強硬な態度で接種をせまる獣医師も多い現状でもあります。

<混合ワクチンについて>
現在の日本では、獣医師により 生後2ヶ月と3ヶ月、生後6ヶ月に混合ワクチン接種を薦められますが、まことしやかに言われるワクチンの連続接種による「ワクチンのブースター効果」はまったく効果がないばかりか、体内タンパク物質にたいする抗体を作り出すことが多いために様々な疾患の原因になっているとのことでした。
また、生後2ヶ月でのワクチン接種も適正期でない可能性も高いこと。
毎年1回の混合ワクチン接種そのものも、毎年接種する必要がないこと。また、毎年接種することで様々な副作用を引き起こしている可能性が高いこと、などの記述がありました。
ショックなのは、American Veterinary Medical Association(アメリカの獣医師会のような団体)で、2000年に既に、上記のような内容の報告がされていたということです。

<狂犬病予防ワクチンについて>
アメリカは、個人住居の敷地の地続きに森があったりすることもあり、狂犬病に感染した野生動物が食べ物を求めて敷地内に入り込み、ペットと接点があったりすることから未だに完全にコントロールできていない現状があります。そのため、接種義務が 年に1回だったり、3年に1回だったりと、州によって異なるのですが、ワクチンによる感染防御についての研究もきちんとされ続けています。
、最近のデータでは 曝露感染実験(ワクチン接種後に狂犬病に感染させる)では、接種後3年間は感染しないことが証明されているそうです。また、血液検査による抗体価検査では7年持続効果があるとか。
そうした実験データを元に、全ての州で、「3年に1回の接種義務」に変わる動きが出てきたそうです。

日本は 狂犬病のコントロールに40数年前に成功して以来、発症報告はありません。もちろん、税関などでの検疫が徹底化されているおかげですが、単純に「毎年接種が義務」といった悪慣習を見直してもらいたいものです。

ワクチン接種の副作用はわかりにくいものです。
接種直後に腫れや嘔吐などの症状が出れば、ワクチンによる副作用と分かりやすいですが、期間をおいてからの反応の場合、ワクチン接種と結び付けて考えることは難しいでしょう。
しかし、ワクチンの副反応は接種後3ヶ月以降に始まることが多いのです。そして、ワクチン接種する度に、身体へのマイナス因子は蓄積されていってしまうのです。

また、ワクチン接種をする場合、あくまでも「健康な個体」に対して接種するように製薬メーカーは謳っています。アレルギー疾患や慢性の下痢に悩んでいたり、高齢犬に接種するのは適切ではありません。


ワクチン接種の副反応と見られる症状・疾患
下痢
アレルギー
皮膚疾患
免疫不全症
大腸炎
関節炎
結膜炎
白内障
てんかん
鼻水
食欲不振
神経症
嘔吐
体重減少
問題行動(過剰な吠え・攻撃性)
脳炎
甲状腺機能低下症
生殖器系異常
ガン



我が家では ワクチン接種は毎年行っていません。
ヒメちゃんはもうすぐ16歳となる高齢犬です。12歳のワクチン接種が最後でした。
綺羅は、ブリーダー宅で幼時期に2回、混合ワクチンを接種されたキリで、我が家では1度も接種させていません。1年~1年半おきに血液を採取して「抗体価検査」をするのですが、規定値を上回っているので、接種証明が必要な際にはその結果表を提示すれば ことなきを得ています。
仮に、規定値を下回っても追加接種はしないかもしれません。その理由は、身体の中には「記憶細胞システム」があり、必要な時に必要な抗体を作り出すことが出来るようになっているからです。特に、ジステンパーやパルボのような伝染病の場合は、免疫システムがウィルスを認知すると 対応できる抗体を作り出せるのです。

狂犬病ワクチンの場合は、もうすぐ6歳になる綺羅で今までに2回接種しました。狂犬病の抗体価検査でも、だいたい接種後3~4年で抗体価が基準値を下回ります。狂犬病原菌に接触することがないのですから 年々、抗体価が少なくなっていくのは当然なのです。

行政や獣医師の指導もありますが、自分のパートナーの健康は熟考して護ってあげたいですね。






スポンサーサイト

別窓 | セミナー | コメント:3 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<高血圧 | 犬ごはん 猫ごはん | 結石・結晶>>

この記事のコメント:

初めまして。とても勉強になるお話ばかりで、いつも楽しみに読ませていただいています。
バーニーズオス6才と暮らしています。今年の春に自己免疫不全と診断され、ステロイドを飲ませています。獣医師から、ことしのワクチン接種は見合せるよう指示がありましたが、ワクチンが様々な疾患の発生要因になりうることを獣医師は知っているのか、疑問に感じました。
ワクチンを摂取していないため、ドッグランやペットホテルに宿泊することができません。少し寂しく感じています。
2012-08-07 Tue 14:54 | URL | Risa* #-[ 内容変更] | top↑
>Risa*さま

はじめまして
ご訪問 ありがとうございます。

ステロイドの投薬があるのでワクチン接種をしない、ということ自体は理にかなっています。ステロイド剤は免疫反応を抑える作用があるので、その投薬期間にワクチンを接種しても無意味で抗体は作られず、身体へのダメージしかありません。
私は獣医ではありませんので断定的なことは言えませんが、あくまでもワクチン接種は「健康な個体」に対してするもの、と考えています。
免疫不全ということでは長期的スパンでのアプローチが必要になる可能性が高いですし、ステロイド剤の投薬の中断期が今後あるとしても、ワクチン接種についてはどうなのでしょう。もし、私の犬が同じ疾患を患ったら 生涯 接種はしない選択をすると思います。

疾患の発症因子は ワクチン接種だけでなく、遺伝因子・犬種・食事内容・個体の生命力や性格、など、様々に考えられます。でも、ワクチンの弊害はかなりのリスクが高いことは事実だと思います。日本の獣医師はまだまだ勉強不足なのも事実だと思います。知っていたら、ワクチン接種を迫ったり、フードを推奨したりするようなことは あり得ないでしょうから・・・

ペットと宿泊できるペンションなどでも理解のあるオーナーの経営している施設だと 利用が可能のところも少数ですがありますよ~。
かかりつけの獣医さんで「ワクチン接種が適当でない」と指摘されたのなら、診断証明書を書いていただいたりすることも 状況を変えることに一役買ってくれるかもしれませんね。
2012-08-07 Tue 20:06 | URL | Ayako Suganuma #-[ 内容変更] | top↑
Ayako様

おかげさまでバニの体調が良く、ステロイドを一度止めてみようと言われました。
今後のワクチン接種については慎重に考えたいのですが、田舎に住んでいるので、不安もあります。
自己免疫疾患について、バニの遺伝性疾患だから気を落とさずに、と獣医師に言われましたが、ずっとドッグフードを食べさせてきたせいかも・・・と罪悪感がありますした。
心機一転、生食を試してみましたが、うちのバニは嘔吐することが何度もあり、難しかったです。
今は加熱食ですが、体重も戻ってきたので、体にあっているようです。
またこちらの色々ブログで勉強させてください。ありがとうございました。
2012-08-08 Wed 17:19 | URL | Risa* #-[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:

∧top | under∨
| 犬ごはん 猫ごはん |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。