犬ごはん 猫ごはん

犬や猫のための手作りごはん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

結石・結晶

このところ 私の周辺で「尿路結石」や「腎疾患」の診断を受ける犬が 多く見られます。
泌尿器系疾患とは、腎臓・尿管・膀胱・尿道などに結晶や結石ができる病気です。
腎疾患とは、急性・慢性の腎不全を含む腎臓の病気で、数値によるダメージが判明した時には 腎機能の70%は機能しなくなっています。
今回は「結石」についてトピックにしたいと思います。

結石の種類としては、
・ストロバイト結石
・シュウ酸カルシウム結石
・シスチン結石
・尿酸アンモニウム結石
等、があります。
シスチン結石と尿酸アンモニウム結石の発症率は低いので、結石の指摘を受ける場合はストロバイトかシュウ酸カルシウムのどちらかであることがほとんどでしょう。

~~ストロバイト結石~~
原因は、食事内容・ストレス・細菌感染と言われています。
尿がアルカリ性に傾くと結石になりやすくなります。臨床的には、尿を酸性にし、マグネシウムの摂取を控えることを心がけるよう指導されます。
肉食獣である犬や猫は、高タンパクの食事を必要とするので尿はアンモニアとリンを多く含むのが普通です。必要以上のマグネシウムが食事に含まれていると結石になります。リンの量は関係ありません。食事中のリンの量が少なくても、マグネシウムが多ければ結石が出来てしまいます。しかし、マグネシウム量が多くとも 尿のペーハーが酸性であれば 結石は形成されません。

細菌感染
特に避妊手術をしたメスの場合、女性ホルモンを失うために泌尿器の殺菌能力が下がります。オスに比べて尿道が短く太いために感染しやすいのです。感染症にかかると膀胱内の炎症により、粘膜細胞が剥がれ落ち、それが結石の核となることがあります。
また、感染した菌がウレアーゼという酵素を産出するのですが、これがアルカリ性なため、尿がアルカリ性に傾きます。

食事
通常、肉食動物の尿は酸性で、草食動物の尿はアルカリ性です。しかし、市販のフードの場合、含有タンパク質の量が少なかったり、また タンパク質の原料も穀類などが使われていると、尿がアルカリ性に傾きます。
普通、肉食の動物の場合は 尿中にマグネシウムやリンが過剰にあっても結石になることはありませんが、膀胱炎などがきっかけとなって 尿のペーハーがアルカリに傾くと結石ができやすい環境となります。
手作り食の場合でも、野菜過多にならないように気をつけましょう。

対処法
ハーブのクランベリーやネトルなどを与えて利尿を促します。
メチオニン(卵黄・獣肉類)を与えて尿を酸性にします。


~~シュウ酸カルシウム結石~~
シュウ酸は 野菜のアクとなる成分の1種です。ホウレンソウや小松菜などに多く含まれています。
以前は 高カルシウム食が原因とされてきましたが、現在は尿中に排泄されるシュウ酸の量が原因とされています。シュウ酸は腸管内で カルシウムと結合して便として排泄されます。十分な量のカルシウムが食事に含まれていないと、結合できなかったシュウ酸はそのまま尿中に排泄されます。尿中にカルシウムが豊富にある場合、結合して結石となります。
シュウ酸が豊富な食材を与える場合は、十分なカルシウムを同時に与えていれば問題ありません。

尿が酸性で、マグネシウム・カルシウムが少ないと、結石ができやすくなります。
食事内容を肉食中心にすると尿は酸性化します。アミノ酸の消化・分解にはカリウムの消耗が顕著になります。カリウムを補うことも覚えておきましょう。


病療食の弊害
①低マグネシウム食
フードを食べている個体の場合、ストロバイト結石になりやすい傾向にあります。タンパク質の絶対量が少ないことと タンパク源に穀類が用いられているために、尿がアルカリ性に傾きやすいことが原因です。
ところが、ストロバイトの予防のためにマグネシウムの量を制限した療法食を与えると、シュウ酸カルシウム結石になり易くなります。尿中のマグネシウムは、シュウ酸カルシウムの形成を抑制する働きがあるためです。
一般的に マグネシウムは、骨や骨髄に含まれています。

②ナトリウム過多
結晶を排泄させようとするため、水をどんどん飲ませたい実情があります。そのためにナトリウムを多く含むフードが多いです。生体内では、ナトリウムとカリウムは一定のバランスを保っています。高ナトリウムの食事にするのであれば、カリウムの量も多くする必要があります。フードの場合、十分な量のカリウムが添加されていないことがあり、カリウム不足が続くと副腎への負担からアジソン病などの病気に繋がることもあります。


ホリスティックな見地からは、重篤な症状でないかぎり、病療食はお薦めしていません。
バランスのとれた手作り食(獣肉類メイン)で、結晶の排泄を促す自然療法をいくつか組み合わせてアプローチしたいところです。症状が重篤にならないうちなら、自然療法でも改善に期待ができます。

ハーブによる結晶排泄
犬 KDソリューション
猫 キティ イージーP
チンキ剤の場合は、ドライハーブを用いるよりも効果に期待がもてます。

ピュリファイ
ドライハーブのブレンドミックスです。ミル挽きしてあるので、食事に混ぜたり、熱湯をかけてティーにしたり、与えやすいです。

ドッグライフデザイン
ハーブ学の師匠である堂山 うらら先生の経営サロン。個別に指導もしていただけるし、厳選ハーブの購入もできます。

グリーンフラスコ
ほとんどの種類のハーブを購入できます。扱っているハーブは産地を厳選したものばかりで、安心して購入できます。


泌尿器系の疾患に効くハーブ
下記のハーブは日頃から与えても問題のないハーブです。数種を買い置きして、10~2週間分をミル挽きして食事に振りかけてあげることでも予防効果が期待できます。1日1回~2回。
小型犬:小さじ1/3~小さじ1
中型犬:小さじ1/2~大さじ1
大型犬:大さじ1/2~大さじ1と1/2 

<ストロバイト>
ローズヒップ・ネトル・クランベリー・マシュマロウ
リンゴに含まれるペクチンは尿管の保護に有効なので、すりおろして与えたりしても良いでしょう。

<血尿>
マシュマロウ・カレンデュラ・カモミール

<結晶・結石>
ホーステール・ネトル・ゴールデンロッド・ローズヒップ・マシュマロウ

<膀胱炎>
エキナセア・ローズヒップ・クミスクチン・カモミール・マシュマロウ・クランベリー

※心疾患のある犬にはホーステールは与えられません。
スポンサーサイト

別窓 | 疾患別の対応法 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<本村先生セミナー「What vets don't tell you about vaccines」 | 犬ごはん 猫ごはん | エゾ鹿肉>>

この記事のコメント:

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:

∧top | under∨
| 犬ごはん 猫ごはん |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。