犬ごはん 猫ごはん

犬や猫のための手作りごはん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

豚肉

注文していた豚肉類が 今日届いた。

我が家には大型犬が3頭いるため、食費がかかります。犬1頭あたりの食費は1日に500円を想定しています。
もちろん 有機素材を使えばこの価格では納まりません。納得のいく素材をパートナーに与えようとすれば エンゲル係数が上がるのは当然で、この点で「金銭的に無理」という理由から 手作り食を諦めていただきたくないのが私の流儀なのです。

私自身の体験なのだけど、ある講師の「手作り食セミナー」に参加した際に、とても不愉快な経験をしました。
その講師は超大型犬種を2頭飼っていて、生食パテで有名な某メーカーのものを与えている、というのでした。私もそのブランドを購入した経験があるのですが、そのパテを我が家の犬達に与えると月10万円を超す経費がかかることになります。「経済的に負担なので、手作りすることで何とか食事の質を維持するために学習したい」と言ったら、「私は毎月10万以上かかっても 安全と思われるこのパテを与えているし、そうしたことを保障できないのであれば 犬を飼う資格がない」というニュアンスのことを言われたのでした。
健康状態に何らかの問題が出たり、犬のQOLを維持したいと思ってセミナーに参加している受講者に対して、「金銭面で余裕がないなら犬を飼うな」とは 呆れた理屈ではないでしょうか。
それでは パートナーに食事面での質を維持することができるのは 一部の裕福な人々だけ、ということになってしまいますね。

もちろん 金銭的に余裕があるならオーガニック素材の肉・野菜類を与えればいいでしょう。
でも、私が目指す「手作り食の薦め」はそうしたスタンスではないのです。ドッグフードに含まれている原材料は表記されていても、その原材料1つ1つの質は把握できないし、添加物や保存料も含まれています。また 犬猫の食性には合っていない穀類(炭水化物)が多く含まれているものがほとんどで、そうした食事を食べ続けることで健康に問題が出ていることも事実です。
一般的な家庭で家族に食事を作るように、パートナーにも食事を作りましょう、というスタンスでお薦めしているし、理解していただきたいのです。


話を豚肉に戻します。
1頭あたりの食費を1日500円にするために、鶏・牛・豚肉は業販用の肉を購入しています。業販用だと 1単位が大きく、小分けのパックになっていないので 届いた日は小分け作業が大変です。

IMG_2002_convert_20120325011934.jpg
豚の肩ロース40キロ分。1本あたり大体5キロくらい。これを1.5~2キロくらいの塊にカットして袋詰めにし、冷凍します。

IMG_2000_convert_20120325012307.jpg
豚の心臓10キロ分。50~60個くらい心臓が入ってます。こうした部位を目の当たりにすると、自分も含めて愛犬達も こうした命達に「生かされている」ことを実感します。誰かの命をもらって 生きているのです。感謝します。

IMG_1997_convert_20120325012737.jpg
豚耳10キロ分。
IMG_2001_convert_20120325012940.jpg
豚のあばら軟骨10キロ分。
今回の注文は 綺羅の肢の関節のことを考え、コラーゲンやグルコサミンを多く含む 軟骨や皮を多く注文しました。

以前はよく「豚肉にはムシがいるから 生では食べちゃいけない」と言われたものですが、現在の衛生基準ではムシがいるような豚肉は売られていません。また 寄生虫は冷凍すると死滅するので、心配な方は 豚肉を購入後に24時間以上冷凍すれば問題ありません。
ところで、豚肉はビタミンB群が豊富だし 疲労回復にはとてもよい食材なのですが、恒常的に与えられるタンパク源の中では 一番消化しにくい素材なのです。
そこで、与える前に一手間かけた方がよいのです。豚肉を薄く切って表面積を大きくし、消化酵素を多く含む果物類(パパイヤ・パイン・キウィなど)や野菜(大根おろしなど)をすりおろしてまぶしたり、味噌や麹・ヨーグルトなどを混ぜて、4~6時間ほど常温でおきます。その間に 酵素や乳酸菌が豚肉のタンパク質の分解をしてくれるので、消化がスムースになります。味噌や麹・ヨーグルトなどの乳酸菌類を用いる場合は、冷蔵庫にいれておくと乳酸菌の活動が停止してしまうので、室温におきましょう。
IMG_2005_convert_20120325014458.jpg
ヨーグルトを混ぜ合わせた状態です。このまま5時間ほど室内に置き、その後に与えます。

スポンサーサイト

別窓 | 食材 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<がごめ昆布 | 犬ごはん 猫ごはん | アレルギー症状の時は・・・>>

この記事のコメント:

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:

∧top | under∨
| 犬ごはん 猫ごはん |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。