犬ごはん 猫ごはん

犬や猫のための手作りごはん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

フードはダメなの?

手作り食を推奨しているなら、市販のドッグフードやキャットフードはダメ、ということ?
そんなことはありません。

もちろんベストな選択ではないと思いますが、経済的・時間的など様々な理由で、「手作り食はちょっと無理」という方もいらっしゃるでしょう。また 旅行に行く時にはフードは携帯に便利ですよね。
では市販のフードを購入する時、何を理由に選びますか?

・有名なメーカーのもの
・値段
・オーガニック素材
・パッケージ
etc・・・

また、売られているタイプも様々で、
・ドライ
・フリーズドライ
・半生タイプ
・缶詰
・レトルト
etc・・・

フードを選ぶ場合、最も大事なことは「たんぱく質の量と質」です。

量について
パッケージの裏を見ると、必ず栄養成分表が添付されています。この表の「たんぱく質」の値がどれくらいか、ということがフードを選ぶ1つの目安になります。ドライフードの場合で40%以上、レトルト・缶詰タイプで20%以上であることが、良いフードの1つの指標となります。とは言っても、ドライフードで40%以上のたんぱく質含有の商品は少ないですけれど・・・

質について
同様にパッケージ裏に原材料の表記がされています。この表記は 材料の量の多いものから順に記載されていることが義務付けられています。

・1番最初に表記されている材料が動物性たんぱく質であること。
・出来れば、単一タンパク源であること。

例えば、鶏肉・鶏肉副産物・ミールと第1項から表記されているフードは良質なフードと言えます。鶏肉類のみで作られていて、第3項まで肉で占められているので、たとえ第4項以降にトウモロコシや小麦グルテンなどが続いたとしても、植物性たんぱく質や穀類による炭水化物の含有量は少ないでしょう。

表記の初めから、トウモロコシ・小麦・大豆・あわ・きび などが記載されているフードはお薦めできません。どの穀類も、少ないながらもたんぱく質は保有しているのですが、動物性たんぱく質に比べてアミノ酸のバランスがよくないのです。また、穀類に含まれるたんぱく質量は少ないため、栄養成分表のたんぱく質量を増やすために大量の穀類が用いられることになります。動物性たんぱく質を原材料にするよりも低コストなので、これらの材料が使われがちです。

最近は アレルギー食用に単一タンパク源のフードも売られるようになりました。ご自分のライフスタイル、パートナーの体調などを加味しながら、最も適したフードを選んであげてくださいね。
スポンサーサイト

別窓 | 食事 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<ドライフードを与える時に・・・ | 犬ごはん 猫ごはん | 食糞>>

この記事のコメント:

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:

∧top | under∨
| 犬ごはん 猫ごはん |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。