犬ごはん 猫ごはん

犬や猫のための手作りごはん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

何歳から「高齢犬」?  ~降圧剤~

約5年ほど前に、ヒメちゃんは ある動物病院で「隔壁脂厚型心筋症」と診断され、大学病院に行くことになりました。大学病院での診断は、
「心筋症の疑いは強いが、その診断はまだ時期尚早です。ただ、血圧が非常に高いので、降圧剤を服用してください。」
と言われたのでした。

私は臨床薬が大嫌いです。
薬の薬効が強ければ強いほど、用いることをためらいます。対処療法としては劇的に効果がでるでしょうが、肝臓・腎臓へのダメージがあるし、薬の種類によっては副腎へのダメージもあります。また、薬を服用することによる二次的疾患が出ることもあります。
最終手段として使うしかない場合はともかく、出来るだけ投薬は最終選択肢としたい、と今でも考えています。


「降圧剤」は二次的疾患として、血管系の癌の発症の可能性があります。また、一度飲み始めたら、生涯 飲み続けないといけない弊害もあります。
この時は、降圧剤を用いずに何とか血圧を下げるアプローチをいくつか取り入れることで、うまく血圧を下げることができました。
その後、年齢とともに 歯肉の色が白っぽくなったり、運動を好んでしなくなったりしましたが、一般的な高齢犬と変わらないように見えました。特に、パンティングを起こしたりするようなこともなかったため、大学病院に定期的に通うこともなく過ごしてきました。

1年半ほど前に、「緑内障」を発症しました。
眼に直接アプローチする方法としては、点眼薬のみでしたが、1年間ほどは眼圧のコントロールに成功していました。半年前あたりから点眼薬が効かず、眼圧は60前後です。健常眼圧が15以下であることと比べれば、ヒメちゃんは慢性的な頭痛と眼痛に悩まされている、ということです。

今夏、何度も富士五湖周辺に行ったのですが、散歩するヒメちゃんの様子がとても苦しそうでした。首都圏よりも海抜は1,000メートルほどは高い場所なので、軽度の酸欠なのかもしれない、と考えました。横浜に帰ると、いつも通りのヒメちゃんの様子に戻りましたが、血圧が高くて150前後(犬の血圧はヒトと同程度が望ましい)。
悩みましたが、8月から降圧剤を飲ませることにしました。

眼圧の測定は、月に一度、眼科専門医のところで行います。9月の測定値は、45。健常眼圧から比べれば まだまだ高い数値ですが、このところ半年間の数値に比べれば下がっています。おそらくこれは、降圧剤を用い始めたことが要因だと思われます。

安易に薬を服用させることは避けるべきだと思いますが、今回のことで、薬を極端に嫌うのも弊害がでてしまうのかもしれない、とも考えさせられました。
「緑内障を発症したこと」「失明したこと」、については何とも言えませんが、降圧剤を服用していれば『痛みからの早期の開放』を保障してあげられたであろうことは、間違いないでしょう。可哀想なことをしてしまいました。
来月16歳になるヒメちゃんに、降圧剤のせいで今から癌が発症することも考えにくい、ということも薬の服用を決めた理由です。

高齢犬の場合は、穏やかで快適な生活を保障してあげることが一番の優先事項だと思います。
昨年の初夏~秋にかけて、皮膚が炎症を起こすようになりました。四肢と尾、頭部が赤くなり痒がります。原因は不明です。発疹や虫食われ痕などはありません。昨年は、週に2回、薬浴でしのぎました。今年は、抗ヒスタミン剤を毎日飲ませることにしました。身体の赤味もひいて、エアコンの効いた室内でぐっすり寝ているヒメちゃんを見ていると、「これでいいんだな」などと しみじみ思います。
10月いっぱいまで、抗ヒスタミン剤を飲ませることになるでしょう。

QOLをどう保障するかは、同じ家で飼われていても、個体の 年齢・健康状態などによって違います。
我が家の場合、ヒメちゃんを「高齢犬」と見定める時期が遅すぎたのかもしれません。
スポンサーサイト
別窓 | 病気 | コメント:1 | トラックバック:0
∧top | under∨

非常時に備えて・・・

今朝も未明に地震がありました。
昨年の震災以降、地震が起きるたびに 自分の犬や猫たちとの避難について考えます。

避難所に 犬や猫を連れていくことは許されないでしょう。
今は 犬達との移動を考えてミニバンタイプの車に乗っていますが、タープとコットは常に車に積んでいます。犬達は、タープ・バリケン等があれば とりあえず数日はしのぐことが出来そうですが、猫達には難しそうです。そこで、キャンピング仕様の車に買い替えようかと検討中です。

非常時のペット達の食事についても準備の必要があると思います。
普段は手作り食の我が家でも、さすがに生肉を食べさせてあげることは無理でしょう。非常時の食事とは言っても、出来るだけ健康を損ねたくないものです。

IMG_3821_convert_20120914135522_convert_20120914135911.jpg
フリーズドライタイプのフードです。
穀類は一切使わず、単一タンパク源で作られている点が気にいっています。4キロパックで、我が家の3頭だと2週間弱で食べ切ります。

IMG_3822_convert_20120914135559_convert_20120914140443.jpg
グリーントライプ入りの缶詰です。
缶詰の場合は、消費期限が長めなので保存食としては便利です。

体重20キロあたりの犬で1日1ℓの水が目安となるそうです。我が家の場合は、2週間で40ℓほど必要です。水タンクを玄関先に置いておくと、いざという時に車に積み込みやすいです。

もしも、の時のために、準備しておく方が安心ですが、
こうした準備が必要ないままに過ごせるといいですね。


別窓 | 犬ごはん | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

R-1乳酸菌

2年前にニュースを見ていて、特集されていた「R-1乳酸菌」。
免疫機能を活性化させて、発生しているガン細胞を攻撃して分解してしまう力がある、とか。そのヨーグルトを購入したかったものの、どこにも売っていませんでした。

先日、またニュースでこの「R-1乳酸菌」を取り上げていました。このヨーグルトを、病院や高齢者施設で食べることを行政が推奨している地域があり、その地域ではワクチンを接種せずとも インフルエンザの発生率が他の地域の10%程度で抑えられている、と。

やはり免疫作用の活性効果が期待できそうです。
と、いうことで、発売元の明治乳業に問い合わせたところ、宅配サービスで届けてもらえるとのことで、ヒト・犬共々食べるために届けてもらうことにしました。

我が家の犬達は、アジリティやトレーニングなどで、一般の愛犬よりも活性酸素を多く産出してしまいます。過剰な活性酸素は免疫機能を下げてしまうことは既に立証されているので、是非、摂らせたい乳酸菌です。

IMG_3819_convert_20120913154419.jpg

私の母は2年前に、皮膚ガンを発症しました。
ホクロ様の小さなシコリが腕に出来、大きくなるようなら切除術を施します。幸い、母は高齢なので、正常細胞のガン化は若い人ほど活発ではありません。
母にも、このヨーグルトを食べ続けてみてもらうことにしました。総体的に健康維持に役立つといいな。


別窓 | サプリメント | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

本村先生の書籍セミナー「Healing Pets With Nature's Miracle Cures」

8月26日、第3回書籍セミナー「Healing pets With Nature's Miracle Cures」を受講してきました。
IMG_3468_convert_20120906104802.jpg
この書籍は、ペットの食事をどう選ぶかという点を踏まえて、さらに ビタミンやミネラルについての選び方・与えることでの弊害、その他に消化酵素などのサプリメントなどについても詳しくまとめられています。


現代社会では、ヒトの食事も簡易化され、コンビニやファストフードなどの 安価で手軽な食品を食べることに抵抗が少なくなりつつあります。けれども、その手軽さは 栄養価に対する不安も伴っていることから、サプリメントを摂り始める方も多いのではないでしょうか。ビタミン類などのサプリメントでさえも、コンビニで売られている時代です。「身体にちょっといいもの」などと思い、つい手に取ってみたりしていませんか?

「ストレスが身体に与える悪影響」については、様々なメディアが取り上げていますし、ストレスなく生きている生物はいない以上、誰もが「抗酸化作用」の高いビタミンCやコエンザイムQ10などの名称を聞き覚えていることと思います。
私自身も、精神的・身体的な負荷の高いドッグスポーツを愛犬と楽しむうえでは、食事管理と並行してビタミンやミネラルについても保障したく考えてきました。

しかし、安易に市販のサプリメントを購入してもいいものでしょうか。

5年前、ヒメちゃんは「隔壁肥厚型心筋症」という診断を受けました。この時に、某製薬メーカーが製造している合成タウリンを獣医師から薦められ、1日3回飲ませていました。心臓エコーを毎月撮って経過を比較しましたが、心臓の収縮率に改善はみられませんでした。別のクリニックの獣医師からは、
「合成タウリンが心臓に良い影響を与えることは期待できないし、それを服用し続けることで腎不全を招く可能性の方が高い。心臓そのものを与える食事内容に切り替えた方がよい。」
と薦められました。
心臓はタウリンを多く含有する臓器ですから、それを食べさせることでタウリンを保障できます。結局、合成タウリンは3ヶ月ほどで飲み止めることになりました。心臓を週に3回ほど食べさせる食事内容にして5ヶ月後、ヒメちゃんの状態は劇的に改善し、以前のように走ることもできるようになったのでした。

こんなことを経験した私は、サプリメントに対する胡散臭さも持っています。
期待した効果がでないばかりか、腎臓や肝臓へのダメージから違う疾患を引き起こしてしまう可能性もあるのですから。


書籍セミナーでは、合成サプリメントによって起きる弊害についてや、サプリメント製品の選び方、特に摂取したいビタミン・ミネラル群やサプリメントについての充実した内容でした。
特に、市販のペットフードを用いている場合、添加されているビタミンやミネラル類はすべて合成のものとなります。そうした添加ビタミン類が身体に与える悪影響についてや、フードを与える場合には欠乏しやすいミネラルなど、多くのオーナー様に知っていただきたい内容でもありました。

また、野菜や果物、そして肉類でさえも、含有する栄養素の急激な下降のデータも明示されました。30年前の野菜と現代の野菜の栄養成分を比較すると、その変化には驚かされます。化学肥料を用いる農法が一般的になったため、土壌にミネラル成分が少ないのが原因です。
草食動物が食べる牧草そのもののミネラル値が低くなったため、肉の含有ミネラル値も低くなったのです。

手作り食では、肉・野菜・果物等が含有する天然のビタミンやミネラルを摂取することが可能ですが、食材そのもののビタミン・ミネラル値が低いことは残念です。有機農法がもっと可能になるといいですね・・・
別窓 | サプリメント | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 犬ごはん 猫ごはん |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。