犬ごはん 猫ごはん

犬や猫のための手作りごはん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

結石・結晶

このところ 私の周辺で「尿路結石」や「腎疾患」の診断を受ける犬が 多く見られます。
泌尿器系疾患とは、腎臓・尿管・膀胱・尿道などに結晶や結石ができる病気です。
腎疾患とは、急性・慢性の腎不全を含む腎臓の病気で、数値によるダメージが判明した時には 腎機能の70%は機能しなくなっています。
今回は「結石」についてトピックにしたいと思います。

結石の種類としては、
・ストロバイト結石
・シュウ酸カルシウム結石
・シスチン結石
・尿酸アンモニウム結石
等、があります。
シスチン結石と尿酸アンモニウム結石の発症率は低いので、結石の指摘を受ける場合はストロバイトかシュウ酸カルシウムのどちらかであることがほとんどでしょう。

~~ストロバイト結石~~
原因は、食事内容・ストレス・細菌感染と言われています。
尿がアルカリ性に傾くと結石になりやすくなります。臨床的には、尿を酸性にし、マグネシウムの摂取を控えることを心がけるよう指導されます。
肉食獣である犬や猫は、高タンパクの食事を必要とするので尿はアンモニアとリンを多く含むのが普通です。必要以上のマグネシウムが食事に含まれていると結石になります。リンの量は関係ありません。食事中のリンの量が少なくても、マグネシウムが多ければ結石が出来てしまいます。しかし、マグネシウム量が多くとも 尿のペーハーが酸性であれば 結石は形成されません。

細菌感染
特に避妊手術をしたメスの場合、女性ホルモンを失うために泌尿器の殺菌能力が下がります。オスに比べて尿道が短く太いために感染しやすいのです。感染症にかかると膀胱内の炎症により、粘膜細胞が剥がれ落ち、それが結石の核となることがあります。
また、感染した菌がウレアーゼという酵素を産出するのですが、これがアルカリ性なため、尿がアルカリ性に傾きます。

食事
通常、肉食動物の尿は酸性で、草食動物の尿はアルカリ性です。しかし、市販のフードの場合、含有タンパク質の量が少なかったり、また タンパク質の原料も穀類などが使われていると、尿がアルカリ性に傾きます。
普通、肉食の動物の場合は 尿中にマグネシウムやリンが過剰にあっても結石になることはありませんが、膀胱炎などがきっかけとなって 尿のペーハーがアルカリに傾くと結石ができやすい環境となります。
手作り食の場合でも、野菜過多にならないように気をつけましょう。

対処法
ハーブのクランベリーやネトルなどを与えて利尿を促します。
メチオニン(卵黄・獣肉類)を与えて尿を酸性にします。


~~シュウ酸カルシウム結石~~
シュウ酸は 野菜のアクとなる成分の1種です。ホウレンソウや小松菜などに多く含まれています。
以前は 高カルシウム食が原因とされてきましたが、現在は尿中に排泄されるシュウ酸の量が原因とされています。シュウ酸は腸管内で カルシウムと結合して便として排泄されます。十分な量のカルシウムが食事に含まれていないと、結合できなかったシュウ酸はそのまま尿中に排泄されます。尿中にカルシウムが豊富にある場合、結合して結石となります。
シュウ酸が豊富な食材を与える場合は、十分なカルシウムを同時に与えていれば問題ありません。

尿が酸性で、マグネシウム・カルシウムが少ないと、結石ができやすくなります。
食事内容を肉食中心にすると尿は酸性化します。アミノ酸の消化・分解にはカリウムの消耗が顕著になります。カリウムを補うことも覚えておきましょう。


病療食の弊害
①低マグネシウム食
フードを食べている個体の場合、ストロバイト結石になりやすい傾向にあります。タンパク質の絶対量が少ないことと タンパク源に穀類が用いられているために、尿がアルカリ性に傾きやすいことが原因です。
ところが、ストロバイトの予防のためにマグネシウムの量を制限した療法食を与えると、シュウ酸カルシウム結石になり易くなります。尿中のマグネシウムは、シュウ酸カルシウムの形成を抑制する働きがあるためです。
一般的に マグネシウムは、骨や骨髄に含まれています。

②ナトリウム過多
結晶を排泄させようとするため、水をどんどん飲ませたい実情があります。そのためにナトリウムを多く含むフードが多いです。生体内では、ナトリウムとカリウムは一定のバランスを保っています。高ナトリウムの食事にするのであれば、カリウムの量も多くする必要があります。フードの場合、十分な量のカリウムが添加されていないことがあり、カリウム不足が続くと副腎への負担からアジソン病などの病気に繋がることもあります。


ホリスティックな見地からは、重篤な症状でないかぎり、病療食はお薦めしていません。
バランスのとれた手作り食(獣肉類メイン)で、結晶の排泄を促す自然療法をいくつか組み合わせてアプローチしたいところです。症状が重篤にならないうちなら、自然療法でも改善に期待ができます。

ハーブによる結晶排泄
犬 KDソリューション
猫 キティ イージーP
チンキ剤の場合は、ドライハーブを用いるよりも効果に期待がもてます。

ピュリファイ
ドライハーブのブレンドミックスです。ミル挽きしてあるので、食事に混ぜたり、熱湯をかけてティーにしたり、与えやすいです。

ドッグライフデザイン
ハーブ学の師匠である堂山 うらら先生の経営サロン。個別に指導もしていただけるし、厳選ハーブの購入もできます。

グリーンフラスコ
ほとんどの種類のハーブを購入できます。扱っているハーブは産地を厳選したものばかりで、安心して購入できます。


泌尿器系の疾患に効くハーブ
下記のハーブは日頃から与えても問題のないハーブです。数種を買い置きして、10~2週間分をミル挽きして食事に振りかけてあげることでも予防効果が期待できます。1日1回~2回。
小型犬:小さじ1/3~小さじ1
中型犬:小さじ1/2~大さじ1
大型犬:大さじ1/2~大さじ1と1/2 

<ストロバイト>
ローズヒップ・ネトル・クランベリー・マシュマロウ
リンゴに含まれるペクチンは尿管の保護に有効なので、すりおろして与えたりしても良いでしょう。

<血尿>
マシュマロウ・カレンデュラ・カモミール

<結晶・結石>
ホーステール・ネトル・ゴールデンロッド・ローズヒップ・マシュマロウ

<膀胱炎>
エキナセア・ローズヒップ・クミスクチン・カモミール・マシュマロウ・クランベリー

※心疾患のある犬にはホーステールは与えられません。
スポンサーサイト
別窓 | 疾患別の対応法 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

エゾ鹿肉

日に日に気温があがり、梅雨入りもして、犬達にとってはツライ暑い季節になりました。
我が家では 身体を冷やす効果のある馬肉・鹿肉は夏季しか与えません。ヒメちゃんは高齢ですし、消化機能が決して高くない綺羅には向いていないからです。初夏~初秋までの季節限定食材です。

昨日、注文していた鹿肉が届きました。

我が家で購入しているシカ肉店ジビエは、ご自身で狩猟・解体・パッキングをすべて行っている方が経営者なので、こちらの希望になるべく添うように検討してくださいます。本来は、ヒト食用の鹿肉のみを販売されているのだけれど、スープを取るためのスネ肉はちょうど犬食には最適ですね。H.Pにはスネ肉の表記はありませんが、連絡をとれば購入可能です。

手作り食ではよく、「ホール食(全体食)がベスト」と言われてきました。頭から尻尾の先までの全て、ということですね。骨や筋肉だけでなく、内臓・消化器まで、大腸に詰まっている便すら 食すのがベストと。
捕食者よりも捕食対象が小さい場合は、全体を食べさせることが可能です。それで、我が家ではウズラをホール食ととして与えたりしています。くちばしだけは調理バサミで落として、1頭あたり1日3~4羽です。

しかし、しかし、です。
昨夏の、本村先生のAHVMA学会報告セミナーでも指摘されたのですが、野生のオオカミは襲ったシカの消化管の中身は食べないのだそうです。わざわざ胃袋を取りだして、咥えたまま振り回して胃の内容物を散乱させて胃袋だけを食べるのだそうです。
先日受講したセミナーでのデータでも、大型の猫科獣も犬科の獣も消化管の中身は食べない、という内容でした。
最近、犬・猫の食事に野菜は不必要なのではないか、という考え方が出始めたのも、こうした長期に渡る観察の結果からなのでしょう。

で、消化管の中身は食べずとも、いずれの獣も胃袋はしっかりと食べきっている、ということで、是非とも我が家の犬・猫たちにも食べさせたい。
だけど、現在、胃袋を入手するのは困難です。羊肉をよく購入している羊肉のなみかたさんでも欠品が続いています。
それで、今回の注文時にジビエさんに「胃袋 なんとかならないでしょうか」と頼みこんでみました。
当然のことながら、胃のストックはない、とのことで、注文してから10日ほどかかりました。胃袋は4つ頼んだので、少なくとも私の注文のために4頭のシカが死んだということです。感謝していただきます。

今回は、胃袋・心臓・肝臓・骨付きバラ肉・前肢・スネ肉を購入しました。他に、腎臓・喉(甲状腺)部なども注文することが可能です。
ちなみに、胃袋は1つ1000円です。
IMG_3251_convert_20120615130116.jpg
胃袋は大きいため、1/4にカットされてきます。これで400gほどあります。
シカ肉自体、他の獣肉よりも臭いますが、この胃袋の臭いは強烈です。

前肢は、肩甲骨からひずめを取り除いた足先までの肉つきの骨です。関節部で取り外します。
IMG_3253_convert_20120615130442.jpg
上から、肩甲骨、大腿骨、膝下です。

それぞれ1つずつを3頭に。
肉が付いているので、室内で与えるとあちこち血汚れがすごいので、お庭で。
IMG_3270_convert_20120615130721.jpg
ヒメちゃんも 自分の足を上手く使って食べられます。

IMG_3268_convert_20120615130913.jpg
駿薫は教えたこともないのに 上手に足や歯を使って食べます。丸飲みしたりするようなこともありません。

IMG_3261_convert_20120615131156.jpg
綺羅りんの前脚の使い方、げっ歯類みたいで可愛い

あらかた肉がなくなったら、一度取り上げて水で洗って土汚れを落としてから 再び与えます。骨の中にある骨髄を食べるのが楽しみなようです。

    
別窓 | 食材 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

ミヤリ酸

最近の我が家の菌食。
IMG_3247_convert_20120613104841.jpg
後列左から
ビオフェルミン
乳酸菌サプリ
コンドロイチン
グレープフルーツシードエッセンス
ハーブブレンド
桜エビと海藻の粉末(眼のためのアスタキサンチン補給)
いわしの粉末(カルシウム剤の代わり)
アスタキサンチンとリスベラトロールのサプリメント
ビール酵母
ミヤリ酸

他に、ヨーグルト。
たまに、麹や味噌なども加えます。

綺羅と駿薫は 2日で1食の絶食サイクルなので、これらの菌食を2日で3食 摂ることになります。



私自身は、個体の健康の向上や維持に 消化管、特に腸管の状態が大きく関与していると考えています。つまり、腸管内の環境や腸内細菌叢のことです。
そうしたことを考慮して、休息のための絶食や補菌を取り入れているのです。
一口に「乳酸菌」と言っても、いろいろです。消化管内に生息している乳酸菌には 好気性のものと嫌気性のものとあり、小腸上部(十二指腸など)には好気性と嫌気性の両方の乳酸菌が混在しているようです。小腸下部に進むにつれて、嫌気性乳酸菌の種類が多くなり、大腸内では好気性の乳酸菌はほとんど存在しなくなるのです。

実は、綺羅は今までに3度 開腹手術を経験しています。生後5ヶ月と1歳の時には 異物誤食のため。3歳の時には羊の脊椎が詰まったため。腸管閉塞となる場合、小腸下部にあるS字結腸は形状が曲がっていることもあり、管が細くなっていることもあり、この部位が詰まることが多いようです。
手術の様子はモニターを通して見ることができたのですが、外科執刀に慣れた医師だったので 手術時間も短かったのだと思います。しかし、開腹中に切られた腸管周囲は何度もイソジンと生理食塩水で洗われていました。

綺羅の小腸に存在したであろう嫌気性の乳酸菌は 開腹により空気にさらされて死滅したであろうし、イソジンなどの消毒液によっても死滅したでしょう。
元々、身体が小さく 成長がゆっくりだった綺羅でしたが、生後1年を過ぎても便の状態が安定しにくく、下痢・軟便が頻繁だったのは、開腹手術のダメージ&乳酸菌の死滅、ということが原因と考えているのです。

今までにも、ビオフェルミンなどのサプリメントを与えてきましたが、空気にさらされて保存されているものは好気性ですね。嫌気性の乳酸菌をなんとか補いたく考えました。


10日ほど前から、菌食にミヤリ酸というサプリメントを加えることにしました。
IMG_3248-1_convert_20120613105506.jpg
嫌気性の乳酸菌サプリなので、1錠ずつパッキングされています。

これを 綺羅は2日で12錠、ヒメは8錠、駿薫は4錠、飲んでいます。
4日目あたりから 便の状態がとても安定してきました。

豚肉は消化しにくい食材なので、与える場合は 1~2日ほどヨーグルトや消化酵素にさらして分解を進めてから与えるのですが、心臓やレバーを与える際にはちょっと考えてしまします。傷みやすい内臓類をヨーグルトなどをまぶして室温に置いておくのは不安です。かと言って、加熱してから与えるのでは、是非とも摂取させたいタウリンなどは加熱により破壊されてしまいます。
心臓もレバーも下処理をせず 生のまま与えると、ヒメや綺羅は軟便・下痢になってしまうことが普通でした。下痢を起こしても 原因が特定できているので心配はないのですが・・・

このミヤBM錠を与えてから 下痢することがまったくなくなりました。
乳酸菌のパワー ほんとにすごいですね。




別窓 | サプリメント | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

本村先生セミナー「Raw Meaty Bones」

栄養学での師匠である本村先生のセミナーを 4ヶ月ぶりに受講してきました。

今回のテーマは「Raw Meaty Bones」という書籍から、先生が興味深く感じられたデータやトピックを取り上げた内容。著者がイギリス人なので、ほとんどがイギリス・アメリカ・オーストラリアでの動物園や動物病院で収集したデータに基づいた考察も含まれています。
原書を自分で全部読むのは 億劫で気が滅入るので(笑)、こうしてセミナーに取り上げていただけるのは大変にありがたいことです。


野生に近い食環境で飼育されているヤマネコやオオカミが、与えられた食事(様々な種類の丸ごとの死骸)をどう扱い、どの部位を食べ残すのか、といったデータはとても興味深く、なるべく自然に近い食事の提供を考えたい私としては「えっ?!そうなの?なんで?」、といった疑問点もけっこうありました。

消化管内での消化・吸収についても興味深く、都会の一般家庭で飼育されている犬・猫達は どれだけ食事内容に腐心しても、自然の状態ではない、ということも思い知らされた感がありました。

また、「犬・猫の口腔内の不衛生状態による身体へのダメージ」ということが、本の全般にわたって取り上げられていて、その内容に驚きました。
犬・猫は基本的には「虫歯にならない」と考えられています。肉食なので口腔内が酸性なので、虫歯にならない、というわけです。むしろ 歯石による歯周病が問題となり、歯肉の炎症から腐敗にいたることは一般に知られていると思います。特に小型犬の場合は、無理な小型化のブリードなどにより 上下顎に歯が収まりきれなかったり、乳歯が抜けないのに永久歯が生えてきてしまう、などで歯石が溜まりやすく 歯周病になりやすいことは、私も知っていました。
大型犬の場合は若干の歯周病があっても、口腔内が広いこと、マズル部が広いこと、などから 歯周病が口腔内以外に影響を及ぼす事例を 身近で見聞きしたことがなかったのです。

歯周病が健康状態に影響を及ぼすと指摘されていたのは、肝臓・腎臓・心臓・肺・腸・脳の問題・十字じん帯です。
ヒトの場合でも 歯周病が心臓病や糖尿病・痛風などの羅患リスクをあげていることは 既に知られていますから、犬や猫の場合でも 歯周病による健康への影響があるのは不思議ではないですね。

私が特に興味深く感じたのは、腸と十字じん帯への影響です。
消化管に問題を抱えている犬は私の身近にも多く、食事による改善のアドバイスは長期にわたることがほとんどです。調理法・食材・アレルギーの改善・乳酸菌を補う、などのアドバイスをしていますが、オーラルケアも必要だったのか・・・、と。

また、十字じん帯についても とても興味深い。
市販フードを食べていて 歯周病をもっているケースでは、じん帯のトラブルが顕著であるらしいです。

歯周病を防ぐためには オーラルケアを行うことが一番ですが、スケーラーを使っての歯石除去はお薦めできません。犬・猫の歯は 人ほどエナメル質が厚くないのです。また、スケーラーによって付いた傷で 歯石が付きやすくなる悪循環があります。
今は 液状ジェル等の塗布で歯石を除去できる製品が販売されています。

市販フードを食べている犬・猫は歯周病になりやすいので、特に注意が必要です。
フードに含まれている穀類は糖質なので、歯の表面に付着しやすいのです。

手作り食でも オヤツは市販のものを買われる方も多いのではないでしょうか。
特に 半生タイプやウェットタイプの柔らかいオヤツは人工甘味料が使われています。表記にソルビットやソルビトールとあるものは人工甘味料なのですが、柔らかさを保つためと 保存料となることで、市販の柔らかめのオヤツにはかなりの確率で入っています。

他に、テニスボール(表面のケバケバが問題)やディスク(プラスティック)なども、歯の表面を摩耗させます。
ボール運動の際に、口の中でボールをカミカミしながら戻ってくるようなタイプの子には ボールの素材も配慮してあげた方がいいかもしれません。

我が家の犬達も立派な歯石持ち(恥)。
骨を食べさせているし、綺羅以外の犬達はほとんど炭水化物を食べさせないこともあって油断していました。大型犬であることも オーラルケアを怠ってきた理由の1つです。
早速、歯磨きジェルを買ってこなければ・・・
別窓 | セミナー | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 犬ごはん 猫ごはん |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。